2009/01/28

スズちゃん - 6 新しいペットキャリー 2009.1.28

スズちゃんの話 その6です。

新しいペットキャリー

お母さんが新しいペットキャリーをネットで注文しました。
今使っているキャリーはサイド開きなので、嫌がるネコを入れるのは一苦労。
新しいキャリーは上が開くので、入りたがらないネコを抱っこしたまま入れることができます。
このキャリーは、スズちゃんの病院送迎用になります。



どれどれ・・

夜、私が仕事から帰ってきて、試しにスズちゃんを入れてみました。
何をされるのか訳が分からないスズちゃん。
あ然としています。
開口部がちょっと小さいのですが、前よりだいぶ入れやすくなりました。
抱っこして上からストンと入れられます。









やっぱりキャリーの中は嫌いなスズちゃん。
すぐに自分のベッドに戻りました。
ソラ君はスズちゃんにつきそっていまいしたが、そのうち寝てしまいました。
ここはストーブの前でホカホカなので。



スズちゃんのシッポの長さは・・

長いスズちゃんのシッポを計測してみました。



な、なんと、こんなにありました。



ちなみにタマは20cmほどなので、スズちゃんのシッポがいかに長いか分かります。

日向ぼっこ

昼間、スズちゃんは窓辺で日向ぼっこ。
でも頭を暗い方に向けて変な格好ですね~。
スズちゃんは明るさも感知できないのでしょうか。
窓の外では、小茶太と小チビも日向ぼっこしています。



 7.に進む
 5.に戻る

2009/01/25

スズちゃん - 5 小康状態 2009.1.25

スズちゃんの話 その5です。

スズちゃんの病状はあまり代わりばえしません。
良くも悪くもなっていないという感じでしょうか。



大人しいスズちゃんは、そばでソラ君が何をしてもジッとしています。



腎臓が悪いと点滴を続けないといけませんし、劇的な回復は望めません。
そんなことを知ってか知らずか、スズちゃんはベッドで悟った仏僧のようにジッとしています。



小チビとネコカーサンの関係

スズちゃんの話ではありませんが、今夜はとても寒かった。
外のネコハウスでは、小チビとネコカーサンが重なり合うように寝ています。
寒いときは人肌ならぬネコ肌で暖をとる2匹。
が、この2匹は親子ではありません。
3年ほど前に、わが家に迷い込んできた子ネコだった小チビをネコカーサンは自分の子どものように面倒をみて育てました。 ネコカーサンは人見知りしますがどのネコにもやさしいママなのです。



 6.に進む
 4.に戻る

2009/01/23

スズちゃん - 4 日向ぼっこ 2009.1.23

スズちゃんの話 その4です。

日向ぼっこするスズちゃん

今日は昼間、窓際で日向ぼっこしたスズちゃん。
気持ちよさそうにしています。
お日様に当たると体力の回復にもいいしね。
退院してきたときから比べると、かなりよくなったように見えます。
歩いてもそんなにヨロヨロしなくなりました。
体重もちょっと重くなった気がします。
よく食べるので、危機は脱したのかもしれません。



繊細な茶太郎?

夜、茶太郎が入ってきました。
スズちゃんがわが家に来てから茶太郎がご飯を食べなくなったと、お母さんが気にしています。 外形に似合わず、意外と繊細な茶太郎。
それともどこか悪いの? まさかね。
茶太郎はスズちゃんを気にしていても、スズちゃんの方は何も気にしません。



スズちゃんは、ネコも人間も気にしません。
目が見えないので逃げたくても逃げることもできず、大人しくしている以外にありません。
この場所が危険ではないと知り、開きなおったスズちゃんの強さでしょう。



スズちゃんとソラ君のムービー】 YouTUBE投稿動画



 5.に進む
 3.に戻る

2009/01/22

スズちゃん - 3 少し元気になった 2009.1.22

スズちゃんの話 その3です。

少しだけ元気になったスズちゃん

退院してから3日たったスズちゃん。
少し元気になったような気がします。
フラつきながらも、水のある所まで自力で歩いていけるようになりました。
スズちゃんはノラだったと思いますが、ソラ君が横で騒いだり、なでても嫌がったり怖がったりしません。 今のところは。
他のネコたちは、ソラ君の足音がしただけでも逃げるというのに。
まぁスズちゃんは、まだ逃げるだけの体力もないのですが。



小チビのおばあちゃんかも

それにしても、スズちゃんのシッポは長い。
小チビも同じくらい長いし、模様も同じ。
顔つきにもよく似ています。
血縁関係は濃いと私は思っています。
スズちゃんが倒れていた場所と、小チビが元いた場所はほぼ同じ。
もっとも年はだいぶ離れていますが。





スズちゃんが来てからというもの、小茶太も茶太郎も部屋に入ると妙に緊張しているようです。
落ちつきがないし、ちょっといるとすぐに外に出て行きたがります。
タマは別に変わった様子はありません。
スズちゃんは襲ってこないネコと分かったから恐くなくなったようです。
でもスズちゃんが近づいてくると逃げます。
スズちゃんの目やにはあまりでなくなってきましたが、ほとんど目は見えないようです。



4.に進む
2.に戻る

2009/01/20

スズちゃん - 2 スズちゃんが中心 2009.1.20

スズちゃんの話 その2です。

まだ動けないスズちゃん

スズちゃんがわが家に来て2日目。
わが家はスズちゃんを中心にまわっています。
スズちゃんは、リビングにおいたネコベッドで、いつもジッとしています。
そんなスズちゃんをタマが遠くからジッと見ています。
タマは子ネコの時に外に出していたので、何度もノラネコにいじめられ、すっかりネコ嫌いになってしまいました。
タマは動けないスズちゃんにも近寄りはしません。



スズちゃんのトイレ

スズちゃんはまだ動くだけの体力が回復していませんが、突然立ち上がってヨロヨロしながらベッドから出ていきます。 トイレです。
スズちゃんは目が見えないので、すぐそばに置いてあるネコトイレの中に入れてあげましたが、そこではしませんでした。
我慢できなくて適当な場所で、おしっこをしてしまいます。
仕方がないので、お母さんはスズちゃんがおしっこをしそうな場所にペットシーツをたくさん敷いておきました。



スズちゃん効果

スズちゃんの食欲はあって、エサをあげるとよく食べます。
お母さんはスズちゃんに柔らかい老猫用のキャットフードを与えています。
胃腸は丈夫なようです。
水も他のネコに比べるとよく飲みます。
これは腎臓が悪いせいかもしれません。
スズちゃんがきてから、ソラ君はタマや他のネコにも優しくなったような気がします。



 3.に進む
 1.に戻る

2009/01/19

スズちゃん - 1 スズちゃん我が家に 2009.1.19

今日はネコのスズちゃんの話です。

道で倒れていたネコを保護

先週の火曜日に道ばたに倒れていたネコをお母さんとソラ君が見つけて保護し、近くの動物病院に預けました。
このネコは動くこともできずに道路でうずくまっていたそうです。
入院から一週間。
今日病院から電話があり、入院していてもこれ以上よくなる気配はないので、引き取って看取ってあげたらということでした。
お母さんが自転車でスズちゃんを引き取りに行ってきました。

スズちゃんと命名

夜、私が帰ってくると、ネコがストーブの前のベッドに横たわっていました。
顔は目やにでグチャグチャ。
抱いてみると軽い。1.5kgしかないそうです。
悲しげな顔で私を見上げて、声にならない声で鳴きました。



ソラ君とお母さんは、このネコの名前を「スズちゃん」とつけました。
ソラ君は、自分が見つけたネコなのですっかり飼い主気分。
ベッドの前に貼り紙を書いています。



スズちゃんの過酷な人生

スズちゃんは退院したといっても、病状はあまりよくありません。
立ち上がって歩くこともできません。
目は何とか開くようにはなりましたがまだ涙目。鼻もジュクジュク。
それに、スズちゃんの右の耳は、根本からありません。
おまけに目は白内障でほとんど見えていないそうです。
いったいスズちゃんはどんな人生を歩んできたのか?
ドクターの話だとかなり高齢のネコだそうですが、過酷な人生だったのは間違いないようです。
お母さんがスズちゃんをそっとなでてあげると、ゴロゴロいいます。



タマも見慣れないネコがきたので、不安そうにジッと見ています。



スズちゃん 元気になって!

ソラ君がご飯をあげると、スズちゃんはよく食べました。
食事の後は水もゴクゴク飲みました。
食欲があれば、元気になる可能性もあります。



お母さんはスズちゃんが退院する時、2日に一度は点滴を受けに来てくださいとドクターに言われました。
腎臓の状態が悪く点滴をうたないと尿毒症になってしまうそうです。
お母さんは寒い中、スズちゃんを自転車に乗せて病院へ連れて行かなければならないので大変です。
でもスズちゃんが元気になるなら、そんなことを苦にしないお母さんです。

 2.に進む

2009/01/04

HONDA オートテラス 立川 CR-V修理 2009.1.4

今日は車のお店の話しです。
私は、3年前に中古のHONDA CR-Vをオートテラス 立川で買いました。
どの車にしようかと散々悩んだあげく、RV車で街中でも違和感のないCR-Vに決定。
ネットで調べたり、あちこちのHONDAオート店に見に行き、最終的にオートテラス 立川で買うことになりました。
前のオーナーさんが丁寧に乗っていたようで、故障もなくいい車を買ってよかったと思っています。
値段は120万でした。



ところがです。そのCR-Vをぶつけてしまったのです。
それも元日に。

夕方、郵便局にCR-Vで年賀状を買いに行き、駐車場から出るときに、縁石のポールに左側のドアの下をおもいきりこすってしまいました。
バリバリとすごい音がしました。
歩道を歩いていた人が思わず振り返るくらいすごい音でした。

恐る恐るフェンダーミラーで見ると、ドアは一見何でもないように見えます。
CR-Vも何事もなかったように走ります。
あ~よかった、と一安心。

けれど家に帰って、よくよく調べると、助手席側のドアが10cmくらしか開かなくなっていました。
ドアの下部にぶつけた傷があります。
強く圧迫されドアのフレームが曲がってしまったようです。
助手席にはいつもソラ君が乗ります。ドアが開かないと乗れません。



冬休みも後1日で終わる1月4日に、CR-Vを買った立川のHONDAオートテラスにCR-Vをもって行き、見てもらうことにしました。



自損の保険には加入していないので、修理は自腹を切るしかありません。
まぁ5万くらいはかかるかな~思っていました。
整備士の人に見てもらうと、
「ドアの取り替えになるので15万くらいはかかりますね」
え~っ、マジすか。嘘でしょ。悪夢でしょ、これって。
50インチのテレビが当たったばかりというのに。運も使い果たしたか。
往生際が悪い私は、ドアが開かないと不便なので、とりあえず開くようにだけでもなりませんか、と整備士の人に頼んでみました。
整備士の人は、「じゃあちょっとやってみましょうか」と言ってくれたのです!

待ってる間、ソラ君はDS三昧。
私は直るかどうか気がきではありません。
何とかドアが開くようになりますように、ずっと祈っていました。



そして30分後、整備士の人が戻ってきました。
そして、「とりあえずドアは開くようになりました。」とニッコリ。
やったー!
ドアさえ開けば、フレームが曲がっていてもこのままでいい。

修理費はと聞くと、今日はただでいいと言ってくれました。
15万  →  0円。
うれしすぎ。
おまけに帰り際に、紅白の大福餅までいただきました。
HONDAオートテラス立川は最高のお店です!

皆さん、HONDA車を買うならオートテラス 立川で。

壁にかかっていた、本田宗一郎のポスター。
「駆り立てられるものは、あるか」
このポスターいいですね。わが家にも飾っておきたいと思いました。



 HONDA オートテラス 立川