2014/03/01

プロロボを作りに行く

【プロロボは楽しかった】

お母さんが応募した「たまロボットコンテスト 小中学生部門」に抽選で当たった。
今日はあいにくの小雨模様だが、コンテストの当日。
ロボットコンテストの会場へ、青空と自転車で向かった。

ロボットコンテストで作るのは、「プロロボ」。
意味は「プログラミング・ロボット」の略。
このロボットは、赤外線センサーや衝撃センサーを付けたモータ付きの車だ。
パソコンでプログラムを作り転送するとその通りに走る。
ロボットと呼ばれるゆえんだ。

ロボットコンテストは、このロボットをキットから自作し、さらにプログラムを作る。
そして決められたコースを走行し、タイムを競う。

最初は動かないというトラブルにあったが、何とか走るようになった。
コンテストでは良い成績が残せず残念な結果になったが、とても楽しい1日だった。

家に帰って、青空がプロロボが遅かった理由を見つけた。
プログラムでコーナーが「低速」になっていた。
なーんだ。(^^;


0 件のコメント: