【映画】夢と現実の区別がつかない傑作映画20選 MSN

2019/05/07

映画

エッジを立ち上げMSNを眺めていたら面白そうな記事があった。
「夢と現実の区別がつかない傑作映画20選」だって。
メモ代わりに貼り付けておくことにした。
このうち何本かは、amazonプライムで見ることができるかもしれない。
見られたらラッキー!  (オレンジ色はamazonプライム無料にあったよ)


マルホランド・ドライブ(2001)
デヴィッド・リンチ監督が贈る、カンヌ国際映画祭監督賞に輝いた衝撃ミステリー。女優を目指す主人公の前に現れた謎めいた記憶喪失の女。2人は失った記憶を探すうち、衝撃の事実にたどり着く。艶めかしい過去と現在、現実と夢が錯綜するミステリアスで甘美な世界に、観る者はひたすら引き込まれていく。出演はローラ・エレナ・ハリング、ナオミ・ワッツほか。
→ 日本版劇場予告 YouTUBE
→ 難解『マルホランド・ドライブ』を読み解くヒントを解説!【ネタバレ】


インセプション(2010)
クリストファー・ノーランが監督、レオナルド・ディカプリオと渡辺謙が共演し、2010年に世界で大ヒットを記録した、驚異のCG映像で魅せる壮大なスケールのSF大作。他人の潜在意識に侵入しアイデアを盗み出す犯罪者たちに「インセプション」と呼ばれる特別なミッションが課せられる。


ブラック・スワン(2010)
内気なバレリーナの心に潜む狂気を描いた、ダーレン・アロノフスキー監督によるサイコスリラー。所属バレエ団で「白鳥の湖」の主役に抜てきされたヒロインは、大役のプレッシャーから心のバランスを崩していき、運命の舞台初日を迎えるが恐ろしい幻覚に悩まされる。精神的に追い詰められていくバレリーナの狂気をナタリー・ポートマンが演じきり、アカデミー賞主演女優賞を受賞。


パプリカ(2006)
日本が誇るSF作家である筒井康隆の同名原作を今 敏(こんさとし)監督が映像化し、世界各国の映画祭で絶賛されたファンタジーアニメ。謎の解明に取り組む美人セラピストは、夢探偵「パプリカ」となり、クライアントの夢の中に侵入するが、そこには恐ろしい罠が仕掛けられていた。ヒロインを人気声優の林原めぐみが務め、古谷徹が巨漢の男性の声に挑んだ。


LIFE!(2013)
廃刊が決定した雑誌「LIFE(ライフ)」の写真管理部で働く平凡な男、ウォルター(ベン・スティラー)は最終号を飾る写真のネガがない事に気づき、カメラマンを探す旅に出る。空想世界に浸りながら進む彼の冒険の旅は、あり得ないほど美しい迫力の映像の連続。極寒の海や荒々しい大地、過酷な山など、現実と虚構が入り混じった息をのむほどの光景は、驚きと勇気、感動を与えてくれる。


ナンバー23 (2007)
ジョエル・シューマカーがメガホンをとったミステリー。ある1冊の本を手にした主人公ウォルター(ジム・キャリー)は、小説を読み進むうちに、何かを暗示していると思われる謎の数字「23」に取り憑かれる。やがて小説の中の出来事と現実の境界があいまいになっていき、周囲では次々と怪事件が起こり始める。謎が謎を呼ぶ展開と衝撃の結末まで、一瞬たりとも目が離せない。


アメリカン・ビューティ(1999)
ごく普通の家庭の崩壊劇を通して、現代アメリカ社会の抱える闇をシニカルな視点を交え浮き彫りにした問題作。平凡な中年男性(ケヴィン・スペイシー)はある日、娘の同級生(ミーナ・スヴァ―リ)を見た瞬間、彼女の周りに真っ赤なバラの花びらが舞い散る幻覚を見る。男は日ごとに恋愛妄想を膨らませ、幸せそうに見える家庭は少しずつ狂いはじめ、破滅の道へと向かう。第72回アカデミー賞作品賞ほか5部門を受賞。サム・メンデス監督作品。


バニラ・スカイ(2001)
1997年のスペイン映画『オープン・ユア・アイズ』に惚れこんだトム・クルーズが、自ら主演しオリジナルにほぼ忠実にリメイクしたサスペンス。何もかもが完璧な人生から一転、悪夢に見舞われた主人公の現実と夢が錯綜する混乱と苦悩を、独特の疾走感で描きあげた。ヒロイン役にはオリジナル同様ペネロペ・クルスを抜擢。


ザ・セル(2000)
ジェニファー・ロペス主演で贈るサイコ・サスペンス。シカゴ郊外の研究所で働く心理学者のキャサリンは、女性誘拐事件を解決するために、新技術を駆使して犯人の脳の中に侵入する。殺人鬼の性的倒錯と深い心の闇を投影したダークな心象世界を、斬新な映像美で描写した意欲作。


トータル・リコール(1990)
SF大作『ロボコップ』のポール・バーホーベン監督がメガホンを取ったSFアドベンチャー。自分の記憶が作り変えられていたことを知った男が、失われた記憶と真実の自分を取り戻すために奔走する。アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作のひとつ。アカデミー賞では視覚効果賞および特別業績賞を受賞。


末来世紀ブラジル(1985)
カルト映画の鬼才、テリー・ギリアム監督による管理社会を痛烈に皮肉ったSFファンタジー。情報統制された近未来のとある国「ブラジル」を舞台に、夢と現実が交錯した、生々しくも幻想的な暗黒社会を描き出している。


エルム街の悪夢(1984年)
ウェス・クレイブンが監督を務めた、全身火傷の恐ろしい殺人鬼・フレディが暴れまわる大ヒットホラー映画シリーズ。鉄のツメを装着した殺人鬼に夢の中で殺されると、現実でも死んでしまう事件が多発。ヒロインは夢の中だけに現れるフレディを、現実世界におびき寄せ、戦う事を決意する。


夢(1990)
斬新な映像のきらめきに満ちた映画界の天才が紡ぐ夢の数々。映画界のレジェンド的存在である巨匠の黒澤明が見た夢をもとに、8つの物語をオムニバス形式で綴った作品。夢というモチーフを借りた、黒澤明監督の私小説的作品に仕上がっている。


オズの魔法使い(1939)
ライマン・フランク・ボームの児童文学を実車映画化した名作ファンタジーミュージカル。魔法使いの国に取り残されてしまった主人公の少女ドロシー(ジュディ・ガーランド)は、愛犬のトトとともに家に帰るため、オズの魔法使いを探して冒険を開始する。


奇蹟の輝き(1998)
自殺をした妻を救うために、天国から地獄へとやって来た中年医師の奮闘を描いた感動のファンタジードラマ。天国の世界を幻想的な油絵タッチのCGで描写、アカデミー視覚効果賞を受賞するなど話題を呼んだ。ロビン・ウィリアムズ、アナベラ・シオラほか出演。


イレイザーヘッド(1977)
巨匠デヴィッド・リンチが1人で制作、長篇映画デビュー作にあたるモノクロ映画。フィラデルフィアの工業地域を舞台に、さえない主人公(ジャック・ナンス)の周囲で起こる不可解すぎる怪現象が描かれる。悪夢を見ているかのようなシュールなイメージ映像が連続し、現実と幻想の境があいまいな精神的な迷走の世界に引き込まれる。


ジェイコブスラダー(1990)
ベトナム戦争の帰還兵である主人公ジェイコブが、精神的に追い詰められていく異様な体験を描いた心理サスペンス。現実と夢の区別がつかないほど、奇妙な出来事が頻発し、ベトナムの悪夢や幻覚に悩まされる主人公をティム・ロビンスが演じた。


ドリームスケープ(1984)
他人の夢の中に入り込み、悪夢の根源を断つ実験に駆り出された超能力者を描いたサスペンス映画。悪夢の世界観を具現化したSFXが見ごたえある作品。ジョセフ・ルーベン監督。主演はデニス・クエイド。


ビッグ・フィッシュ(2003)
ティム・バートン監督・ユアン・マクレガー主演のファンタジー映画。死期が迫った父が息子に語り聞かせる人生の回想ストーリー。不思議な架空の街“スペクター“に迷い込む設定で、インパクトのある夢のように美しい映像が話題となった。


ウェイキング・ライフ(2001)
リチャード・リンクレイターが監督を務め、各国の映画祭などでも新世紀のトリップ・ムービーと熱烈な支持を集めた前衛的アート・アニメ―ショーンフィルム。実写映像をデジタルペインティングで加工、これまでにない映像体験を実現。主人公の青年は自分の部屋で何度も目覚めるが、いつも夢の中にいる状態から抜け出せないでいる。もはや夢と現実の境も分からない彼は、完全に覚醒する方法を見出そうと外に出かけるが、最後には結局自分の部屋で目覚めてしまう。


さびチャン 1年たちました 2019.3.7

さびチャン 1年たちました 2019.3.7
保護して1年過ぎました

このブログを検索

ブログ アーカイブ

アニメgif

アニメgif
ソラ君の小さい頃

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

人気の投稿

QooQ