【音楽】Another Side Of Bob Dylan - 1964 全曲和訳リンク付き

2019/06/23

音楽



Wikipedia
「黒いカラスのブルース」で初めてピアノ演奏を披露した以外、すべてアコースティック・ギターとハーモニカによる弾き語りであるという点ではそれまでのフォークソングのスタイルと変らないが、曲調の上では「アイ・ドント・ビリーヴ・ユウ」や「悲しきベイブ」などにすでにロックの影響が認められる。バーズは「オール・アイ・リアリー・ウォント」「スパニッシュ・ハーレム・インシデント」「自由の鐘」「マイ・バック・ページズ」をフォークロックのスタイルでカバーしており、タートルズも「悲しきベイブ」をカバーしてヒットさせた。以上のことから、次作の『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』(1965年)と共に、フォークロックの始発点に位置づけられるアルバムと言える。

歌詞の面では、「スパニッシュ・ハーレム・インシデント」 「自由の鐘」「マイ・バック・ページズ」などで、特定の事柄を描かず、暗喩もしくはシュールなイメージによって性や内面心理・自由の問題などを象徴的に描く作詞法が目立つようになる。この作詞法も後のロックの歌詞に大きな影響を与えることになった。

LP盤裏ジャケットには前作同様、ディラン自身の長編詩が記載されたが前作では読みやすい大きさの活字で記載しきれない部分はインナースリーヴに封入されたが今作ではそのサービスは止め、小さい活字で裏ジャケットに全編を無理矢理、押し込めていた。


  1. All I Really Want To Do

    → 和訳:ありんこの詩 blog

  2. Black Crow Blues

    → 和訳:廃墟の街のブログ

  3. Spanish Harlem Incident

    → 和訳:廃墟の街のブログ

  4. Chimes of freedom

    → 和訳:華氏65度の冬

  5. I shall be free No 10

    → 和訳:butan.o.oo7.jp

  6. To Ramona

    → 和訳:butan.o.oo7.jp

  7. Motorpsycho nitemare

    → 和訳:butan.o.oo7.jp

  8. My back pages

    → 和訳:ストロベリーフィールズ翻訳日記
    → 和訳:華氏65度の冬
    → 和訳:butan.o.oo7.jp

  9. I don't believe you

    → 和訳:廃墟の街のブログ

  10. Ballad in plain D

    → 和訳:butan.o.oo7.jp

  11. It ain't me babe

    → 和訳:廃墟の街のブログ
    → 和訳:butan.o.oo7.jp

さびチャン 1年たちました 2019.3.7

さびチャン 1年たちました 2019.3.7
保護して1年過ぎました

このブログを検索

ブログ アーカイブ

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

アニメgif

アニメgif
ソラ君の小さい頃

人気の投稿

カレンダー(日別不可)

QooQ