イ・セドル 引退 2019.11.29

2019/11/29

ニュース

韓国の囲碁棋士イ・セドルが引退した。
5年前には世界一だった。
中国の最強棋士も番碁で破り、圧倒的な強さだった。
しかしGoogleのdeepmaind社が開発したAIソフトと対決して完敗した。
まさかイ・セドルが負けるとは思わず、囲碁界にとって衝撃的な事件だった。

あれから数年たち、囲碁も将棋も人間はコンピュータにかなわないことが証明されてしまった。
人間のプロ世界では名人だ棋聖だと騒がれてても、いちばん強いのは別にいる。
イ・セドルが、盛りを過ぎたとは言え、AIに勝てないからと引退するのは、ある意味潔さを感じる。 プロ棋士はもっとAIソフトと対決すべきだと思う。

以下、記事転用GIZMODO


韓国の囲碁世界チャンピオンが「AIは倒せない存在だ」と引退

白黒ハッキリさせたいタイプ。
囲碁の世界的な人間のチャンピオンのひとりが、もはやAIとは競争できないという理由で、プロ棋士の立場から引退することを決めました。
韓国人の囲碁棋士イ・セドル氏は、2016年3月にGoogle Deepmindの人工知能AlphaGoと対決し、世界的に有名になった人物です。AlphaGoはセドル氏との5試合のうち4試合を勝利し、AIがもっとも複雑で抽象的な戦略ゲームのひとつで人間を負かせるほど進化していることを、世界的な舞台で証明したのでした。

■対局当時から漂う悲壮感

セドル氏は負けた後も挫折感を隠しませんでした。彼は第3局後にこう言いました。
今日は何からどう話して良いのかわかりませんが、まずお詫びしなければならないと思います。多くの方々の期待に応えられず申し訳ありません。なんだか無力感がありました。
そして最終試合で負けたのち、こうコメントしたのでした。
古典的な考え方に少々疑問を持つようになったので、さらに学ばなくてはなりません。

■そして引退へ。理由はほかにも

その試合は彼を実存的な道に導いたようです。YONHAP NEWS AGENCYによりますと、36歳のセドル氏は11月19日、韓国のプロ囲碁棋士を取りまとめている韓国棋院(KBA)に辞表を提出し、24年の囲碁人生を投了したのでした。
彼は囲碁から身を引いたのは、永遠に人工知能に勝てないことを受け入れたからだ、とYONHAPに話しました。

囲碁でAIがデビューしたことで、必死に努力して1位になってもトップではないということがわかりました。私が1位になっても、勝てない存在があるのです。
そしてセドル氏は、KBAによる会費の使い途について協会と対立したことも影響したことも話しました。YONHAPいわく、氏は会費の使い方についてKBAに訴訟を起こしているのです。

■引退試合はまたAIと

セドル氏は来月の引退を、AIphaGoのライバルである、HanDol(韓国のテック企業NHN Entertainment社が作ったAI)との最後の試合で飾るつもりでいます。試合は彼に少しだけハンデが与えられて始まります。

たとえ石ふたつ分も有利だったとしても、最初の対局でHanDolに負けそうな気がします。すでに引退した身なので、HanDolには気を楽にして臨みたかったのですが、とにかく最善を尽くします。
すでに負け戦の雰囲気が漂っていますが、セドル氏にとって納得のいく結末であって欲しいですね。さて、どうなることでしょうか?

Source: GIZMODO

ブログ アーカイブ

さびチャン 虹の橋を渡りました 2019.9.19

さびチャン 虹の橋を渡りました 2019.9.19
保護して1年半後のことでした

このブログを検索

ブログ アーカイブ

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

自己紹介

アニメgif

アニメgif
ソラ君の小さい頃

人気の投稿

カレンダー(日別不可)

QooQ