【音楽】My Back Pages - BOB DYLAN

2008/11/27

音楽

BOB DYLANの名曲、My Back Pages。
歌詞はよく分からないが、以下のフレーズだけは理解できる。


Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.
若い頃、私は老いぼれていた
今の私は、あの頃よりもずっと若々しい。

オレも若い頃のことは赤面するようなことばかりだったし、思い出したくもない。
でもこれってDYLANも言うようにほとんど誰でもそうなのかも。しかしだ。問題はあの頃よりも今の方がずっといいと言い切れない自分がいることだ。情けなや・・。(^^;

Jackson Browne & Joan OsborneのMy Back Pages。
このアレンジはすばらしい!
この曲のために、イギリスのショップからCDを買いました。



My Back Pages

Crimson flames tied through my ears
Rollin' high and mighty traps
Pounced with fire on flaming roads
Using ideas as my maps
"We'll meet on edges , soon," said I
Proud 'neath heated brow.
Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.

Half-wracked prejudice leaped forth
"Rip down all hate," I screamed
Lies that life is black and white
Spoke from my skull. I dreamd
Romantic facts of musketeers
Foundationed deep , somehow.
Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.

Girls' faces formed the forward path
From phony jealousy
To memorizing politics
Of ancient history
Flung down by corpse evangelists
Unthought of , though , somehow.
Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.

A self-ordained professor's tongue
Too serious to fool
Spouted out that liberty
Is just equality in school
"Equality," I spoke the word
As if a wedding vow.
Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.

A self-ordained professor's tongue
Too serious to fool
Spouted out that liberty
Is just equality in school
"Equality," I spoke the word
As if a wedding vow.
Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.

Yes , my guard stood hard when abstract threats
Too noble to neglect
Deceived me into thinking
I had something to protect
Good and bad , I define these terms
Quite clear , no doubt , somehow.
Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.

和訳 ストロベリーフィールズ翻訳日記

深紅の炎が耳の奥から
高く舞い上がり、巨大な罠が
燃えさかる道路にしかけられた
思考を手がかりに しながら
「端で会おう」と言った私の
熱い眉の下の目は誇りに満ちていた

ああ、だけど当時の私は老いぼれだった
今の方がずっと若い

崩れかけの偏見にまみれた私は
「あらゆる憎しみを切り裂け」と叫んだ
人生とは白黒割り切れるものという虚言を
頭蓋骨で語り、そして夢見た
それなりに深く構築された
騎士達のロマンチックな物語を

ああ、だけど当時の私は老いぼれだった
今の方がずっと若い

見せかけの嫉妬から
古代政治史の暗記まで
少女達の顔は、表通りを形成していた
それは、死人のような伝道者によって
投げ出されたものの
なぜか顧みられはしなかった

ああ、だけど当時の私は老いぼれだった
今の方がずっと若い

冗談も通じぬほどまじめな
教授と名乗る男の舌から
飛び出した言葉は
「自由とは学校では平等ということである」
「平等」、この言葉を私はあたかも
結婚の誓いのように口ずさんでいた

ああ、だけど当時の私は老いぼれだった
今の方がずっと若い

兵士の構えで、私は自分の手を
教鞭をたれている雑種犬に狙い定めた
説教をした途端に自分が
己の敵となることも恐れず...
私の存在は混乱した船に導かれ
そこでは、へさきから船尾まで反乱が起きていた

ああ、だけど当時の私は老いぼれだった
今の方がずっと若い

そう、私の神は抽象に脅かされたときも
厳として立ち、その姿は
あまりに高貴で無視できなかった
私をだまし、おまえには守るものがあるのだと思わせた
私は、善と悪という言葉を何とか
明晰判明に定義した

ああ、だけど当時の私は老いぼれだった
今の方がずっと若い

記 2008/11/27

さびチャン 虹の橋を渡りました 2019.9.19

さびチャン 虹の橋を渡りました 2019.9.19
保護して1年半後のことでした

このブログを検索

ブログ アーカイブ

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

アニメgif

アニメgif
ソラ君の小さい頃

人気の投稿

カレンダー(日別不可)

QooQ